お知らせ一覧:fmode

空間デザイン|ドミトリー

  • 投稿日時:2017年6月6日 9:31 AM
  • 投稿者:fmode

岡山県テレワークしてます、こんにちは
先日ふらふらと出かけた時に偶然通りかかったお店が
なんだか素敵な雰囲気で、
引きこまれるように入ってみました。
店頭ではお弁当が並んでいて、
店内も商品が沢山あり、
一角一角毎にとってもコンセプトのあるものが多くて
素敵なおじさま店員さん?いや店長さん?なのでしょうか、
お店の方の興味のふり幅が広い!?という
なんだかこちらが見入ってしまう雰囲気で、
どのコーナーも子供と一緒みていて面白かったです。
素敵な雑貨があってなんとなく見ていたら
店員さんが色々説明してくださいました。
子供が手に取ってかわいいねーと言ったハンドメイドのものは
障がい者の方の施設が商品化したものらしく
とっても素敵なものが沢山ありました。
今回はうちはラ・カンティーヌの鶏レバーパテがあったので購入しました。

入れ物も好きで、中身も親子共好きなのです。
店員さんにはお子様がレバー好きってすごいですね~
と言われて、本人得意げでw
そんなこんなで、また来ます~~ってお店を出た所で、

 

 

はた??

二階にも何かありそう。。。。と気づいて
先程のおじさま店長さん?!に伺いました。
何と、ドミトリーが上部階にあるということで、
しかも見たいですーとお願いしたら快く見せて頂きました!
可愛いお姉さんスタッフさんが説明してくださいました。
 

 

子供も初めてドミトリーをみるので
わー!二段ベッドー!!と座らせて頂いたりして興奮しておりました。

トイレや洗面も写真もどうぞーと言って頂きまして
お打合わせされてるそば失礼しながら
遠慮なく沢山撮らせて頂きました。
(ちなみにブログ掲載の許可も得ております♪)


3階には貸スペースもあるということで、
素敵な場所を発見して嬉しくなりました。


お友達が県外や海外から来た時に一泊体験など
勧められるなーなんてそんなことも思った日でした。

エフ・モードも宿泊施設の内装デザインのお仕事をさせて頂いてもらっていますが
旅館ホテルのみならず、カプセルホテル・ドミトリーのお話しも頂いております。
上記の伺ったヒバリ照ラスさんもお客様が割とひっきりなしに来られていて
県外からや海外からも予約がある状況らしく、
オリンピック効果なのでしょうか、
いや日本ブームでしょうか、
宿泊予約が埋まるようですよ。
確かに関東近県だけでなく、関西圏、四国でも
外国の方々を見るようになったなあとつくづく思います。
何気にこのブログをご覧になった皆さま、
オーナー様になったり、、、等
もしご興味がありましたらご相談頂けたらなと思います!

旅館デザイン |宿に泊まる動物たち

  • 投稿日時:2017年5月23日 7:36 PM
  • 投稿者:fmode
こんにちは、小牧です。
GW、皆様どのようにお過ごしになりましたでしょうか。
 
エフ・モードでは連続9連休という事で、このチャンスを逃しては!と
私は2泊3日の東北の旅へ出かけて来ました。
いわき湯本温泉~蔵王温泉~銀山温泉と福島・宮城・山形をまたにかけた自作プラン。
 
私の旅行はいつも自作プランなのですが、
何故かといいますと・・・この子がいるからです。
 
 
私がもう7年も一緒に暮らしているうさぎさん。
いつも疲れて帰った私を癒してくれる大切な家族です。
内弁慶で家ではわがまま太郎ですが、外に出ると怖いよーと甘えん坊に大変身する愛しい子です。
 
動物は人間とは比べものにならない短い一生です。
いつもお家の狭いケージで留守番の毎日、
せめて一緒に休める時間はのびのびと過ごしてほしいと、
「ペット同室宿泊可」のお宿さんへの宿泊を軸にした旅行プラン作りを心がけています。
(うさぎなので無駄吠えなどがなく宿泊はお願いしやすいのです。
意外とわんちゃんのみとうたわれているお宿さんでも相談すれば歓迎してくれますよ。
この子は車が苦手でないのも一緒に行けるポイントですね)
 
お陰でのびのびと小名浜(福島)を走りまわったり
潮見台からの夕日を楽しんだり
地元の女の子と仲良くなったり
と、とても大はしゃぎ。
蔵王温泉のお宿では、スタッフの方に大歓迎で向かえて頂き
これまた部屋の中を走りまわっていました。よかったです☆
 
全国的に「ペット同室宿泊可」のお宿さんは増えていますが、
わんちゃんについての表記しかされていないところが大半でした。
それが最近では猫ちゃんのみならず、
うさぎや小鳥まで表記を広げてらっしゃるお宿さんもあるんです。
それだけ「家族」と一緒に旅をされたいという方が増えているんだな、と思います。
 
 
実はエフ・モードでも伊豆高原で昨年オープンされた犬宿しらくら
内装デザインをお手伝いさせて頂きました。
 
 
こちらはわんちゃんとの宿泊専用のお宿様です。
お留守番することなく観光も宿泊もずっと一緒にいられるひとときをご提供されたいという
オーナー様の想いをかたちにするお手伝いをいたしました。
 
全室露天風呂付きのお部屋で全て天然温泉、何よりも大島一望のロケーションは圧巻です。
 
オーナー様も実際にわんちゃんを飼っていらっしゃり、
大変可愛がっていらっしゃいます。
(各客室のお名前は飼ってらっしゃるわんちゃんの名前なんですよ
そんなオーナー様へささやかですが、
飼われているわんちゃん(コーギー)をあしらったサインもデザインさせて頂きました。
可愛い!と大変喜んで頂きよかったです。
 
 
「ペット同室宿泊可」にする為にはどんな設えが必要か、どんな仕上材がいいのか等
エフ・モードでお手伝い可能です、お気軽にご相談下さい。
 
全国にもっと「家族」と行けるお宿が増えることを楽しみにしています☆
 
小牧

旅館デザイン | 暖簾の制作現場

  • 投稿日時:2017年5月9日 9:44 AM
  • 投稿者:fmode
こんにちは、吉川です。
前回のブログで昇華転写の作業場をご紹介させて頂きましたが
それに続き今回は暖簾の制作現場をリポートしてまいりたいと思います!

因みに、暖簾の巾数によって縁起の良し悪しがあるのをご存知ですか?

巾数とは暖簾に入れられた切り込みの数でして、一巾・二巾と数えるそうです。
縁起が良いとされているのは『三』や『五』の奇数の巾数。
奇数は『(縁が)別れない』『余りが出る(=余裕があり繁盛している)』と言われています。
また偶数でも『八』は末広がりの形をしているので
『すそ野が広く、発展する』と言われていて、新しいことを始める際には良いとされています。

逆に縁起が悪いとされているのは『四』と『九』。

『四』は『死』と同音であること。『九』は『苦』と同音であったり『窮する』を
連想させるとしてよくないと言われています。

うちのボスはこういう数を常に私たちに意識しなさいと言っております。

「無知は罪悪」
お客様があとからこの事を知ったら気分悪くなるでしょう。が口癖でもあります。
その他にも床の間の決まりや、先人の方たちの色々な教えをF-MODEでは大切にしながら
今にアレンジさせていただいております。

本題の暖簾の制作現場のお話になります。

暖簾の場合、風合いを出すのに麻や木綿等の天然素材を使用する為
色を入れる方法は昇華転写とはうって変わって染料を使って染め上げていきます。

まずは暖簾の版づくりから。

こちらは蝋を使って防染をしてもらっているところです。

オレンジ色の部分は蝋がのってるので染料が生地へ浸透するのを防ぎます。
つまり、蝋がのっていない白い部分のみ色が入るということですね^^

実際染料をのせてもらっているところがこちらです。

版の上に染料を置き、スキージと呼ばれる大きなヘラで
少しずつ版の上を滑らせて色をのせていきます。
版を上げるとこんな感じです!

ムラなく、均一にヘラを滑らせていましたが、
簡単そうに見えてもかなりの集中力と安定感が必要そうです。
若い職人さんが多いですが、皆さんかなり修行を積まれているとのこと。
日本のモノづくりは熱いです。

染めのあとは更に生地を蒸して染料を定着させ、余分な染料を落とす為水洗いし、

色落ちを防ぐ色止め薬に漬け、更に裁断と縫製と、長い工程が待ち受けています。

既に染が完了している暖簾もいくつか見させてもらいました。

木綿の表情がしっかりと浮き出ていて、
手仕事を感じる少し擦れた感じが味わい深さがあって良いですよね
大満足の仕上がりです!

空間デザイン|仕事の合間の出来事|TDL

 こんにちは板口です。

 

先日約一年ぶりに屋外ミーティングという形で

夢の国ディズニーに大人4名+キッズ1名で参上しました。

 IMG_4559.jpg

 

IMG_20150220_142924.jpg

 

IMG_20150220_131918.jpg

前回はSeaでしたが、

今回は、アナ雪のプロジェクションマッピングが開催されているLandへ。

 

社員の娘さんも連れていってくれるという太っ腹ぶりです。

 

 

会社で過ごす時間以外のこのようなコミュニケーションは、

普段職場では気づかなかった皆の良い一面を垣間見えて、

改めて尊敬したり、感謝したり。

今後のビジョンをオープンに語れたり、

帰るころには、ジーンと想いに耽る大事な時間となりました。

 

 

 

そしていつでも特別な空間を提供してくれるディズニーの造り、

どんな時でも嫌な気にさせることのない完璧なポスピタリティ、

勉強になります。

 

 

シンデレラ城でのアナ雪プロジェクションマッピングはというと、

あんなに凸凹のある建物にも関わらず平面のスクリーンに映してるような

精度の高さと連動する花火に感動しました。

 

 

来月はついに、、、ミラノサローネ!!!!!

空間デザイン|仕事の合間の出来事|新人建築家×ゲスト建築家の白熱トーク!

 こんにちは、吉川です。

 

先日大阪で面白いイベントが開催されていました。

 

 

u35_2014.jpgU35_ura.jpg

35歳以下の新人建築家7人がプレゼンテーションを行い、

 

ゲスト建築家達と議論を交わすというもの。

 

 

一昨年、同イベントを観覧した友人に

 

『若手がケチョンケチョンに言われて可哀そうだった。笑』

 

と勧め(?)られ、参加してまいりました。

 

 

また、私の興味心によけいに火をつけたのは、ゲスト建築家の面々。

 

五十嵐淳さん

石上純也さん

平田晃久さん

平沼孝啓さん

藤本壮介さん・・・

 

実に豪華な顔ぶれです!

 

 

このゲスト建築家と新人建築家が議論(というよりも講評?)するのですが、

 

これがなかなかの白熱ぶりで、居眠りする隙を一切与えられません。笑

 

 

初めのうちは、各ゲストが全体的な総評コメントをしながらも、

 

次第に名指しで新人さんを取り上げ、批評を展開。

 

 

それだけに治まらず、今度はゲスト同士(主に藤本さん vs 平田さん)で議論が始まり、

 

論点もどんどん変化(ずれ?)を見せ、話の収集がつかなくなってきたり・・・笑

 

 

お酒の力も借りて、紅潮した顔が増える中、だんだんヒートアップしていくトークに

 

聞いているこちら側もドキドキしっぱなしで、

 

あっという間に終了時間を迎えていたことに驚きました。

 

 

これまで前衛的な建築をされてきたゲストのお話は

 

正直次元が違う世界の話の様にも感じて共感出来なかったのですが・・・

 

 

天才達の頭の中をすこし覗けて得した気分で帰りました^^

 

 

今年で5回目の開催ということなので、きっと来年も行われることでしょう。

 

空間デザイン|仕事の合間の出来事|青空散髪

ある日の昼下がりの一コマ。

s-IMG_20140801_161007.jpg

s-IMG_20140801_161102.jpg

 

看板製作会社の敏腕営業マンである畔田さんに

事務所の外で、散髪をしてもらう亀田。

 

なぜこんな事になったかたいうと、

実は畔田さん、

青山のDで始まる、超有名美容室で数年前までスタイリストしておりました。

 

現在は、都内の看板製作会社で営業をしていらしゃるのです。

看板について相談を持ちかけると、すぐに的確なレスポンスをしていただける、

理解ある良きパートナーとして、弊社においても今や欠かせない存在です。

 

そんな畔田さんが新しい商材を紹介しに事務所にお立ち寄り下さったのですが、

その折いきなり亀田が

「俺の髪って美容師さん泣かせで、ずっとお世話になってる先生くらいしか
まとまらないんだよね。」と

「この後営業のアポイントが入ってるんだけど

後ろ髪伸びてきてモサッとしちゃってるからそこまでちょっとまとめてくれる?」

 

と言い出し、事務所にあった事務用のハサミを渡すと、

 

畔田さん「えー!いいんですか!?」

とは言ってみるものの動じることなく、

サーッとカットしてあっという間に終わりました。

 

家族の髪を今でもカットしているとのこと。

 

弊社は美容室もたくさん改修工事しているので、

その時に引き上げてきたセット面なんかも事務所にありましたが、

終わった後に思い出したので、

 

「これも使えばよかったな~」と二人して本格的に楽しんでいる様子でした。

s-IMG_20140819_151344.jpg

こんなビジネスパートナーと代表とのやり取りも他の事務所では見れない

亀田スタイルならではなのかな、

と思った暑い夏の日の出来事でした。。

 

F-mode イタグチ

空間デザイン|仕事の合間の出来事| エフモード社員研修

こんにちは。上田です。

先日、エフモード社員研修として、
東京ディズニーシーに行ってきました。
弊社は、旅館のインテリアデザインを得意とするため、
研修のためにも旅館・ホテルに宿泊ということが多かったのですが
スタッフも結婚して家庭があったり、
私の場合、子供もいるということを配慮して頂き、
今回娘付きで行かせて頂きました。
いつ行っても夢の国ですね。
やはり細部にまで作りこんでいる建物だったり、
置いている家具だったり、
様々な場所にある遊び心など徹底されてよく考えられていますよね。
そして私はいつも行くと要所々々にある‘岩’を触ります。
が、
どうやってつくってるんだ??とか、、疑問に思った事ありませんか。
ざっくりですがご紹介します。
ディズニーの岩.jpg
昭和6年上野動物園に出来たサル山が日本初の擬岩(モルタル擬岩)で、
1983年東京ディズニーランドの建設の際に
アメリカのロックワーク技術が導入されてから
本格的にテーマパークで多様されるようになったようです。
最近では材料・工法も改良され
従来のモルタル擬岩では出せなかった自然岩の風情、
化粧型枠では出来ない大きな凹凸の表現、
プレファブリケーション化による現地業時間の軽減、
そしてコンクリートを凌ぐ強度と耐久性など、
多くの機能を持ったものがでてきています。
擬岩は主にGRC(Glass Fiber Reinforced Cement)
-セメントやモルタルにアクリルガラス繊維などを混ぜ込んで造るという素材-
で形成されていて、
岩の他に、本物の木の形だったり木の枝の柵を作っている擬木、
その他看板だったりレプリカ等は、
GRCのほかに、FRP(Fiber Glass Reinforced Plastic)
-プラスチックにアクリル繊維を混ぜたという素材-
で自由な造形ができるのです。
くじら.JPG
アリエル.jpg
ディズニーリゾート内の随所にも見られますが
身近なところだと、建物の中にある疑似樹木や
公園のモニュメント滑り台なども上記のFRP造形ですね。
疑木.jpg
今度お出かけの際、これはFRP?などと思いながら、
いつもと違う視点で見てみるのも新鮮なのではないでしょうか。
・・・と少し話が逸れましたが、
当日天気は雨という予報で夜は雨でしたが、
日中はギリギリ傘もささず散策でき、
楽しい一日を過ごさせて頂きました。
娘は後日、
「ママと一緒にお仕事の所に行くー!だってみんなに会えるじゃんー!」という位
遊んでもらったのが嬉しかった様で、
この場を借りて、皆様感謝2です^^
そして最後に、
なんだか私はこの光景がとっても新鮮だったので
アップします。
2人後ろ姿.jpg

空間デザイン|仕事の合間の出来事| 世界遺産めぐり~マチュピチュ~

  • 投稿日時:2014年5月9日 5:45 PM
  • 投稿者:FmdKameda

こんにちは。板口です。

今回、世界遺産巡り11日間の旅をしてきました。
世界の絶景ランキングでも上位にランクインする
「マチュピチュ」と「ウユニ塩湖」の南米の旅です。
とにかく良い経験になったということが一番です。
のほほん旅ではなかった分、たくさんのこと新しい事を一気に学び吸収できました。
私は個人ツアーだったので、団体ツアーのように集団行動しなくて良いことと、
ガイドさんが独り占めできること、
自由が効き、やりたことやらせてもらえたことが利点でした。
しかし、このような治安の不安定な地に行くのであれば。
たくさんの困難も待ち構えているので、
しっかりとお金を払って大手旅行会社のツアーがやはり良いかな、と感じました。
国は、マチュピチュのあるペルーと、ウユニ塩湖のあるボリビアです。
隣接国なので、どちらか行く可能性があれば、一度に回ることをおススメします。
マチュピチュはとにかく圧巻です。
標高2300m程につくられた街で、「空中都市」としても有名ですが、
高地なので、少し歩くと息を切らしてしまうようなところです。
そこにそれがあることが不思議で仕方がない、
鳥肌が立つような不思議な感覚と感動を一度に感じました。
世界七不思議のひとつとされているように、
未だに未解決で謎の多い未知の遺跡を目の当たりにし、大興奮。
s-P1016331.jpg
s-P1016345.jpg
都市としての仮説を聞きながら
その一つ一つ間仕切られた空間の意味を聞く事は、
建築の世界に身を置いている私としてはとても楽しめました。
とにかく天文学にこだわっていて、
中国の風水以上に徹底していて、緻密で決まり事が多く、
人力で創られた建築物とその精巧さに注目です。
神聖な場所とそうでない場所の造りには大きな差があります。
代表的なひとつを紹介します。
s-P1016382.jpg
一般人や下の階級の人たちが住む場所ではざっくりとした石の切り方、積まれ方
s-P1016073.jpg
太陽の神殿や皇族の住まいなどには、石が真っ直ぐに切られ丁寧に積まれている
それから石造りならではの工夫として、
あの時代からは想像もできないような耐震構造が確立していたことも、驚きでした。
ここからはクスコという街の写真です。
まずは、おそらく試行錯誤で割り出された究極の角度にこそ、
耐震の秘密がかくされていて、
それが、この角度。
s-P1016072.jpg
それから、大事な建物は人よりも大きな大きな石を土台にしてますが、
(それをカットし、運んだことにも驚き)
小さな丸い石の上に大きな石のプレート敷くことで揺れを吸収する仕掛けを、
このころから発見していたのですね。
 それから、木構造でみられる組子の技術も、石で行われていました。
水路もそうです。
s-P1016087.jpgs-P1016091.jpgs-P1016085.jpg
そういえば、
マチュピチュの裾の街に行くまでの移動手段である展望列車も、非常に楽しめます。
この列車から見る大自然がなかなか壮大なものです。
 s-P1016244.jpg
マチュピチュ、クスコでの現地のガイドさんはその道に一際精通している人らしく、とても良
くて、
(日本語ガイドさん曰く、普段聞くことができないようなを話をたくさんしてくれるとのこと
で)質問攻めをしたのに、
本当にとても嬉しそうに詳しく説明してくれたので、より楽しい遺跡観光ができました。
せっかく遺跡をまわるのなら、私としては、現地ガイドをつけた方が確実に楽しめます。
前述したクスコという世界遺産に登録された街ですが、
こちらが標高3600m程あり、
富士山の9合目にいきなり飛行機で連れて行かれたようなものでした。
誰でも高山病になる危険性はあるのですが、
一緒に旅をしていた相方が高山病になり、一晩入院することに。。
一晩の入院と退院後に出された薬代、それから医師の診断書など、諸々で約9万円。
海外保険が付帯しているクレジットカードを持っていて、
特に旅行会社の保険には入らなかったのですが、
全てが保障されたので安心。
入院した日に予定されていたディナーショーなども、
当日なのでキャンセルができなかったのですが、
それも補償されて返ってきました。
私は全くの元気だったので、
諸々の処理をするのに忙しかったです。笑
この旅で驚いたことは、
高齢者の団体ツアーをたくさん見かけたことで、
20代の私達でも色々と弊害のある旅でしたが、
杖をついたご年配の方までいたので、
体力のあるうちに行こうといって出かけた私たちでしたが、
案外、いつでも行けるんだと、他の国もたくさん回ろうと希望を持てた旅になりました。
次回はウユニ塩湖です。

店舗デザイン|フローリングのメンテナンス

こんにちは、吉川です。
今回、狛江市にあるヘアサロン『figaro』さんの店内をリニューアルさせて頂きました。
そんな現場での発見をレポートいたします!
・・・なんといっても今回のメインは『フローリング磨き』です。
▼施工前
 flooring_before.JPG
フローリングにポツポツと残ったヒールの跡や、
染みついたカラー材等の汚れが目立ってしまっています。
シャンプー台から垂れた水で腐って変色している所も。
今回は無垢材で相当厚い材料を使用しているので
フローリングの再生をご提案させていただきました。
ドラムサンダーなどの機械でフローリングの表面を研磨し
 
仕上げにワックスを塗ると・・・
 
ここまで綺麗になるんです!
 
黒ずみが無くなり、店内が一気に明るくなりました^^
▼施工後
 
あまりにも綺麗なので、施工直後は土足で上がれず
スタッフさんも裸足であるいてしまう程。笑
シャンプー台の下は水の浸透しないビニール製の床材に貼り換え、
水垂れによる腐食対策も万全です。
無垢材のフローリングはこうして研磨するだけで
新品の様に蘇えらせることが出来るんですね!
オーナー様にも大変喜んでいただけました◎
フローリングの汚れが気になり始めたら・・・
是非ともご相談くださいね。
吉川

空間デザイン|仕事の合間の出来事|おもてなし

こんにちは。上田です。

まだまだ寒い冬の朝、
↓このミルクパンでほぼ毎朝飲み物を温めています。
ミルクパン.jpg
私の朝をちょっとだけ盛り上げてくれる一品です。
購入したのは6年程前ですが、
すごく高いわけでもなく、
なんとなくの大きさとまるっこいフォルムという
デザインが気に入ってだけの購入だったような気がします。
その当時はさほど使わなかったのですが
最近ではうちの大事な道具となっています。
正式にはバターウォーマーですが毎朝これで牛乳をあたためています。
電子レンジでチンすれば結構早いのでは、、、
というところですが、
あえてこれであたためる、という過程が大切な時間になっていたりします。
私以外は朝あまりたべない夫と子どもなので、
なんとなくのおもてなし?の気持ちとして
これで牛乳を温め、二人に出してあげてます。
自分の中だけで勝手に満足しています。
そんな自分の中でのおもてなしの一品というものが家にあると、
テンションがあがりますよね。
弊社の店舗「其乃伍」にも、
そんなおもてなしの一品を販売しています。
とある日本料亭のすてきな若女将さんが
結びの形の箸置きを購入されていかれました。
以前こちらの店舗で見てその後他でも探されたのでしょうか、
また戻ってきて頂き、のご購入でした。
今頃箸置きたちはお客様達をおもてなしているのでしょうか♪
6.jpg
みなさんもお気に入りの一品、
気持ちをあげてくれる一品を探索しに
ぜひ其乃伍に足を運んでみてください。
F-mode 上田

空間デザイン|仕事の合間の出来事|HAWAII

こんにちは、板口です。
先日、今年最強と言われる寒波が日本列島を襲った連休中に、
海外挙式にご参列するため、
常夏の島、ハワイへ行ってまいりました。
そこでの体験をお伝えしたいと思います。
気分だけでもあたたかくなって頂ければ幸いです(笑)
私が滞在したのはオアフ島です。
■ワイキキ周辺
有名どころのホテルが立ち並びます。
↓シェラトン
共用スペースと1Fのクラブ「ラム・ファイヤー」へ。
クラブでは常にDJタイムで若者が踊る踊る。。
あんなに深夜まで音をガンガンならしていて、
宿泊客は大丈夫なのだろうか、と心配になるほどでしたが、
若者のパワーで溢れていました。

 

s-P1015813.jpg

s-P1015825.jpg

↓ウェスティン
真っ白く、落ち着いた雰囲気のクラシカルな建物で
テラスの方では心地よいライブも行われ、
気持ちよく過ごすことができます。
ウェスティンに宿泊していなくても、食事が出来るレストランなので、
朝食などに利用しても、女子的に良い気分を味わえると思います。
s-P1015869.jpg

 

s-P1015875.jpg

s-P1015878.jpg

s-P1015879.jpg

s-P1015880.jpg

↓DutyFreeShop
s-P1015790.jpg

 

白と赤の折り鶴のようなものがディスプレイされていますが、
よく見たら鶴ではない鳥です。
天井の内照パネルも日本を感じるデザイン。

s-P1015789.jpg

 

s-P1015871.jpg

s-P1015872.jpg

 

s-P1015874.jpg

ワイキキは商業の複合施設が密集しているので
ショッピングに最適な地域です。
ここでだいたいの事が済みます。
ただ観光地価格なので安さは求められません。
日本人が多く、お店では日本語も結構通じますし、
日本語のメニューが置いてあるので、とっても楽ですが、
折角の海外気分を味わいたい方は少し離れてみても良いですね。
その他、ハワイでは日本の運転免許証が使えるので、
複数名で旅行する場合、レンタカーが便利です。
そして、レンタカーするならオープンカーが断然おすすめです!
左ハンドルですが車線にのみ注意すれば問題ないです。
ハワイの車のナンバープレートには虹が描かれています。
s-P1015566.jpg
時折降るスコールのような雨の後、
二重にも三重にもかかる虹を見れる程、
ハワイではたくさんの虹を見つけることができました。
何にしろ、旅行の仲間が、
ハワイ7度目という友人と、帰国子女の子が1人、留学経験者が2名という中で、
何一つ困ることはない旅だったのですが、
現地の方々や飲食店の店員さんと流暢に会話し、
そのやりとりがなによりも楽しいものに感じ、
英会話をもう一度勉したいなーと思っています。
つづく

空間デザイン|仕事の合間の出来事| 祝 20周年ドッキリ

あけましておめでとうございます。

2014年、おかげさまでエフ・モードは21期をスタートさせております。
これもひとえに、周囲の方々のご協力の賜物と感じております。
あらためて、御礼申し上げます。

本日のブログは昨年、弊社のスタッフとOBが中心になって企画してくれた
サプライズパーティをご紹介させていただきます。

パーティ早々は少々恥ずかしくて記事をアップするのをためらったのですが、
新しい年を迎え原点に戻るべく昨年の記録をアップさせていただき
私自身さらに気を引き締めて前に進むきっかけにさせていただこうと
思います。

こんにちは、吉川です。

先日、エフ•モード代表である亀田社長をターゲットに、
エフ・モードファミリーによるドッキリパーティーを開催いたしました!笑
というのも今年、2013年はエフ・モードが創設してから
な、なんと、20年目を迎える年!
(正確には11月08日です。)
エフ・モードから独立されたスパンデザインの馬場社長と
かつて事務所をシェアしていたキュービッドデザインの安田社長仕切りのもと
何週間も前からコソコソ準備を進めて遂にこの日を迎えたのでした。
表向きはスタッフの結婚祝いとして一次会は進行し、
続いて二次会場であるスパンデザインのオフィスへ…
オフィスの入口を開けると、
出迎えたのはパーティー仕様のデコレーションと
『 祝 20周年 F-MODE 』のメッセージが!!!
00.jpeg
それに気づき、ようやく状況を把握した瞬間の亀田の姿が
コチラ↓↓↓
boss.JPG
この状態から何分も起き上がれないでいました。
想像以上の反応で、私達にとっても嬉しいサプライズです!
続いてのサプライズは創業当時からお世話になっている、
ビューティアトリエさんからお祝いのワインが!
 wine.jpg
現スタッフからはメッセージと、手作りの写真アルバムを贈りました!
そしてそして、最後のサプライズイベント、
エフ・モードを取り巻く方々からのビデオレターのプレゼント!

uyu.jpg

atsuta.jpg

mem.jpg
頂いたメッセージ、ひとつひとつに、
会話しているかのように社長も応えていましたよ~。
20年という月日を振り返り、
語り合い、笑いあり、涙ありの素晴らしいひと時でした。
talk.jpg
お話を聞きながら、
私の想像をはるかに超える方々との出逢いがあって、
愛されてきたからこその20年なんだなぁ~と、
エフ・モードのこれまでの歴史を垣間見た気がしました。
これからも『お客様を愛し、愛される』ポリシーを忘れず、
続いて25年目、30年目も笑顔で迎えられる様、精進してまいります!

人気blogランキングへ

 

吉川

住宅デザイン|キッチンショールームへ

こんにちは。

吉川です。

 

先日、マンションをリフォームされるお客様と共に

汐留にあるパナソニックのショールームへと行ってまいりました。
今回はキッチンをメインにじっくり見てきましたので、
その様子をご紹介いたします♪
今回お客様のご要望は…
1.キッチンを使いやすい高さに。
2.掃除がしやすいこと。
3.母娘並んで作業出来る広さ。
この三つがポイントです。
まずは、作業台の高さから。
パナソニックでは高さのシュミレーションコーナーがあり、
商品にもよりますが、センチ単位で細かく注文が可能です。
1sink.JPG
ちなみに、高さの標準は
『身長÷2+5cm』が推奨する高さとのこと。
作業台を上げ下げしながら、
深い鍋の底でも見える高さか?
洗い物の姿勢が辛くないか?
スリッパを履いたり、裸足でも問題ない高さか?
等々・・・
実際に使うシーンを想像して検証することが重要です。
高さの問題は解決し、続いての課題は掃除のしやすさをチェック!
キッチンで汚れがたまる場所といえば、やはりコンロとシンクですよね。
その点では、コンロはやはりIHがお勧めでしょうか。
ベタベタのゴトクを外して洗う手間も無く、とにかく掃除が楽です。
また、ガスに比べて空気の対流も少ないので
室内への油の拡散も少ないので、掃除が苦手な方にはお勧めです。
次にシンクですが、今はどこのメーカーも『スキマレス』タイプが多く、
汚れだまりの少ないデザインのものが普及しています。
2sukima.JPG
排水溝廻りも掃除がしやすいように、各メーカー工夫を凝らしているので
比べてみると面白いかもしれませんね。
そして最後に残す課題は作業台の広さ。
3worktop.JPG
こちらもシュミレーションコーナーが設置されていて、
メジャーを用いてプランニングの通りにシンクとコンロを配置し、
実際のスケール感を確認して頂くことが出来ます。
吊戸棚の高さや手元灯の位置も現場で検証・・・
4turito.JPG
2,3度の訪問で検証を重ね、無事プランも決定しました!
竣工の様子はまた改めてご紹介しますね。
それにしても週末のショールームはどこも家族連れで大賑わいでした。
プランナーさん同行は当日申込みも可能ですが、
週末は非常に混み合うので二週間前の予約が賢明かと。
料理教室がセットになったツアーも稀にあるのでお勧めですよー♪

F-mode 吉川

空間デザイン|仕事の合間の出来事|箱根 彫刻の森美術館

  • 投稿日時:2013年11月27日 12:18 PM
  • 投稿者:FmdKameda

こんにちは、上田と申します。

F-MODE流ママブログを
時々展開いたします。
よろしくお願いします(^^)
 先日、「箱根の『彫刻の森美術館』は、大人も子供も楽しめるよ」
という事を以前の仕事場の先輩デザイナー夫婦から
伺っていたのでさっそく行って参りました。
入口入ってかなりのカラフルさに目をうばわれたのは、
この期間に開催されていた台湾出身の
パブリックアーティストHung Yi 氏の作品たち↓
 写真1.JPG
 写真2.JPG
誇張された動物たちがいるので子供も結構見入ってました。
動物のお顔だったり色づかいだったり、
台湾文化が反映されていて日本の感じとはやはり違いました。
そしてその後に行ったのが
“ごろごろコロン?ちょうこくとなかよし?”
という、子供にアートを身近に感じてもらうために、
「遊び」の中に彫刻を結びつけて空間構成された場所です↓
 写真3.JPG
うちの子は要所々々で跳んだり、隠れたり、滑ってみたり、
イサム・ノグチの「オクテトラ」を家に見立ててと、
自分で発見しては楽しんでいました。
各所にある彫刻をみて、〇〇みたいだね〜等話しながら散策したり、
“星の庭” という迷路の様な所でわざと迷子になってはしゃいでみたり、
念願の “ネットの森”  “しゃぼん玉のお城”  でも目一杯遊んでました↓
写真4.png
 写真5.JPG
写真6.JPG
その他、足湯に寄ったり、
ピカソ館で団体さんの説明をされているのを一緒に横で聞いたり、
ステンドグラスの大きな塔をのぼって上からも鑑賞できたり。
子供と一緒だと途中で、「もう帰りたい、、、」
と言われ困る事は多々ありますが、
ここは子供が飽きずに楽しめたり興味をもつ仕掛けが沢山でした♪
コンセプトと仕掛けがとてもよく結びついているので、
それに導かれて私たち親子も素直に術中にはまり(笑)、
しっかり遊び、堪能することができました。
作品を一緒に見ながらこどもの?→!→+α
を垣間見ることができるステキな場所です。
もちろん大人だけでも十分楽しめる場所です。
ぜひ、皆さんも行ってみてください。

空間デザイン|仕事の合間の出来事| シニアシュミレーション

こんにちは、吉川です。

先日、新宿にある東京ガスのショールームにお邪魔して、
シニアシュミレーションを体験してきました!

その名の通り、80歳を越える高齢者の動作を擬似体験できるプログラム。
今回はその様子をリポートしたいと思います!

手始めに、まずは加齢者の身体状態に近づくためのアイテム装着です。
01urashima.jpg

関節を動き辛くする為のサポーターを巻き、
足首手首に重りをつけ、
さらに着用ベストにも重りをいれて前傾姿勢に。

続いて高温が聞こえにくくなる耳栓をし、
手には手袋を三重につけ、
白内障体験用のゴーグルをつけて完成です!

この時点で既にヨタヨタとし、少しの動きで疲れを感じる程

そこで早速、階段の昇り降り体験からスタートです。

▼急な勾配の階段

03kaidan.jpg

▼緩やかな勾配の階段

02kaidan.jpg


これが想像以上に大変で、

昇りは足が思うようにあがらなかったり、
下りは段差がよく見えずおそるおそるだったり…

腕が上がらないので、手すりも高すぎると使い辛い。

しかも白内障が進むと白と黄色の判別が特に難しくなるので
同じコントラストの段差や取っ手は視認性がとにかく悪い。
…なかなか気付きにくいポイントですよね?

手すりの色やステップはコントラストを強くして、
視認性を意識した配慮が必要の様です。

その次は、床座と椅子座を比較。
この「しゃがむ」動作の難しいこと…

手摺等で身体を支えなければ倒れてしまいそうになります。

お風呂の浴槽への出入り時についても同じことが言えるのですが、
さらには、片足を上げるだけの動作にこれまた一苦労…
不安定で転びそうになります。
▼高さ60cmの浴槽をまたぐのには苦労しました・・・

04huro.jpg
▼腰掛スペースのある浴槽

05huro.jpg

手摺や腰掛けスペースがあるとどれだけ助かるかということを痛感しました。

その後車椅子での段差やドア開閉、廊下の開口幅についての体験、
難聴体験、物の見え方の体験、認知症体験…と続くのですが、

そちらのご紹介はまたの機会に。

手摺や腰掛けも元気なうちは必要ないし、
カッコ悪いから
は付けたくないと思っていても、
必要を感じる時は突然、訪れるかもしれません。

長く住める住まいを願うならば、
取り敢えずは壁に下地を入れておく、
間口幅は広く取るなど、
未来を見据えた設計が重要かもしれませんね。

新築にしても、リフォームにしても、折角の高い買い物ですから、
後悔してもらわないための今後の参考にしたいと思います。

人気blogランキングへ

 

吉川

 

店舗デザイン|「はじめての美容室デザイン」本日発売

ご無沙汰してました。
後藤2号改め、板口です。
本日15日、
新美容出版より発売される「はじめての美容室デザイン」に
弊社が開業に向けてお手伝いさせて頂いた美容室が掲載されています。
IMG00455.jpg
IMG00456.jpg
IMG00457.jpg
↓新美容出版より引用↓
‘美容師ならば誰もが一度は「いずれは自分の店を持ちたい」と思うもの。
本書は夢の実現に向けて一歩踏み出し、
自らが信じるコンセプトに基づく店づくりを果たした50サロンに取材。
きらりと光る個性に溢れた、
リアルなサロン空間の数々を豊富な写真で紹介します。
ページをめくるごとに、
「来年こそは独立」、
「いつかは自分のサロンを持ちたい」といった思いの実現を
力強く後押ししてくれる、美容室の店舗デザイン事例集です。’
ぜひ手に取ってみてください。
初めての開業で右も左も分からないという方や
事業計画ってどうやって作るの?などと苦戦されている方、
たくさんいらっしゃると思います。
美容室開業に向けて、小さなことからご相談にのることができますので、
お気軽にお問い合わせください^^
お客様の想いを形にし、
笑顔の連鎖を広げていきたいなーと日々奮闘中です。
美容室実績はこちら
板口

空間デザイン|仕事の合間の出来事| 経営方針発表会

こんにちは、吉川です。

先日、いつもお世話になっているビューティアトリ様の
経営方針発表会にご招待いただきました。

今期でなんと50周年目を迎えるということで、
今回は本社の宇都宮を飛び出し、都内、池袋での開催!

スタッフさんも普段のカジュアルな格好から一変してフォーマルな装いで揃われ、
なかなかの緊張感が漂う会場でした。

1opnening.jpg

方針会では役員の方々含め、スタッフの皆さんが参加しての発表会となるのですが、
皆さんが発する言葉を逐一、自分の事に置き換えながら聞いていました。

どの業界にもあてはまりそうな、すぐにでも応用可能なお話しで
大変勉強にもなりましたし、同時に反省もさせられます・・・

そんな中、ブレイクタイムにこんなコーヒーのサービスが!
2cup.jpg

一人ひとりのカップに手描きのメッセージが!しかもマドラーには「BA」マークまで!

緊張した空気から放たれ一気に「ホッ」とあたたかい気持ちになります。
大勢の参加者に向けて、そう簡単に出来ることではないですよね。感激です!

方針会の後は場所を移してオーシャンカシータでのお食事会に・・・

席には郡司社長直々のメッセージが待ち構えていました!

3letter.jpg

思わずジーンとしてしまいます・・・
見渡すとアトリエスタッフさんの席にもお手紙が。

 

4letter.jpg

なんと、丁度1年前の方針発表会で自分宛てに書いた手紙なんだそうです!
「あれ?なんだろう」とその存在をすっかり忘れていたスタッフさん。
驚きながらも自分からの手紙に励まされたり、爆笑していたり。

プチタイムカプセルを体験しているようでなかなかステキな演出ですよね。

アトリエさんといえば、そんなきめの細かい「おもてなし」に
いつも感動させられるのですが、
その原点となるのが実はこの「カシータ」さんなのでそうです。

そんな並々ならない恩を感じられているという、このカシータが会場のいうこともあり、
スタッフさんのボルテージもグングン上がって、終始大盛況!

▼田中会長が御茶目な姿を見せるムービーも。笑
5movie.jpg

笑いあり、涙ありの時間は本当にあっという間に過ぎてしまいました。
50年という記念すべき節目の時をご一緒させて頂き光栄でした。

▼家路につき、気付いたら頂いたお土産もこんなにたくさん!

6book.jpg

「これから100年目を目指す、第二章の始まりです。」
と郡司社長もがおっしゃっていましたが、

そんな第二章のページにエフ・モードも書き記して頂けるよう、
頑張ってついていきたいと思います!

アトリエの皆さん、本当にありがとうございました!

人気blogランキングへ

 

吉川

空間デザイン|本気の運動会|リベンジ!?編

こんにちは、後藤1号です。

いつもお世話になっていビューティーアトリエさんの運動会に
今年もご招待頂き、参加させていただきました。

思い返すこと1年2ヶ月前・・・

リレーで激しく転倒してしまい、膝に擦り傷をつくり、
あとから病院に行ったら肋骨にヒビまで入ってしまった運動会です。

7月に運動会とはなかなかすごい感じですが、
熱中症には気をつけながらの参加です。

準備体操をしているとアトリエさんがスポンサーをされている
栃木ブレックスのブレッキーが登場!!
IMG_1591.jpg

一緒に記念撮影させてもらいました♪

さてさて、前回の汚名返上をするべく
そして、怪我だけはしないようにしようと心に誓い、
今回は「障害物競走」と「しっぽ取り」の2種目に参加でした。

障害物競走では特別ルールに助けられ無事に1位でゴールイン♪
しっぽ取りでは2人分のしっぽをとってやりました♪

今年は社長も「玉入れ」で参加して、
スタッフも「大縄跳び」に参加しいい汗をかかせてもらいました。

 

IMG_1593.jpg


▼毎回楽しみな応援合戦対決!
IMG_1596.jpg

IMG_1599.jpg

そして参加していた白組が最後の最後で大逆転勝ちというドラマまであり、

とても楽しめ、リフレッシュすることができました。
そして、今回は怪我しませんでした。
ビューティーアトリエの皆さん、ありがとうございます!!

▼帰り際にはメッセージ付きのお土産まで!
IMG_1601.jpg
しかしながら、普段の運動不足がタタリすぐに息が切れてしまう始末。
前回のblogでも書いていたようですが、
やはり日頃から何か運動をしないといけませんね。

人気blogランキングへ

後藤1号

空間デザイン|仕事の合間の出来事|KITTE

こんにちは。後藤2号です。

先日、お客様とF-MODEスタッフで
日比谷公園にあるビアレストラン日比谷茶廊にて食事会をしました。
 
緑に囲まれた中でのテラス席は、開放感があり良いかんじです。
 
そしてその帰りに、丸の内周辺の新しい商業施設に勉強にいこうと、
KITTEに立ち寄りました。
 
KITTEとは、旧東京中央郵便局の局舎を、保存・再生した部分と
新築部分からなるJPタワーの地下1Fから地上6Fまでの商業施設のフロアのことを指します。
 
明治時代できたばかりの頃

 
改築直前
cyuouyu5.JPG
 

 
改築後
_DSC3419.jpg
 
 
外観は、形状は残しつつ、古くなり汚れていたので、
当時の白く光るタイルを再現していますが、そこには細かいこだわりがあるようです。
 
それと対照的に黒いサッシが印象的な大きい窓が縦横にずらーっと並び、
圧倒的な存在感があります。
 
 
「KITTEのヒミツ」と表して建物のことを解説しているページが面白いので、
ぜひ閲覧してみてください。
 
内装もテナントひとつひとつ面白かったのですが、
その時の担当案件でサインが気になっていたせいか
サインにばかり目が行きました。
 
 
向かいには新しくなった丸の内駅舎も。
 
これまで東京駅周辺に遊びに行くという感覚があまりありませんでしたが、
以前より行きたいスポットが増え、
休日の過ごしたいエリアにランクインしてきました。
 
まだ開発は続くようです。これからも期待してます!!

 
 

後藤2号

空間デザイン|仕事の合間の出来事|インスピレーションを刺激する

こんにちは、後藤1号です。

先日、東京ビッグサイトで開催されていたインテリアライフスタイル展へ行ってきました。


ILSエントランス.jpg

インテリアライフスタイル展はハイエンドハイデザインを発信する
アジアNo.1の国際消費財見本市で毎年6月初旬に開催されてます。

 

ILS01.jpg
 
ショップ「其乃伍」を併設するF-modeでは、
店舗で扱う雑貨などの仕入れ先を探しに行くことが主な目的となるのですが、
今回は某案件の展示方法について煮詰まっていたこともあり、
参考となる展示方法はないかと思い、展示されている商材よりも
展示方法を見学しに行ってきました。
 
会場内は写真撮影が禁止されているので、会場内の写真はないのですが、
展示されている小物類がそれぞれの商品コンセプトに基づいて
面白い展示がなされていて刺激になりました。
 
今回の展示で見たものなどを参考に企画案をブラッシュアップしていきたいと思います。
 
いろいろな人の考えたものを見ることは非常に刺激になりますね。

11月には家具がメインの見本市、
IFFT/インテリアライフスタイルリビング展が控えているのでそちらも楽しみです!

人気blogランキングへ
 

後藤1号

 

旅館デザイン|仕事の合間の出来事|第一回旅館甲子園

こんにちは、吉川です。

先日、東京ビックサイトにて開催された「旅館甲子園」を覗いてきました。
 
「旅館甲子園」とは、全国の旅館・ホテル約1600軒を対象に出場者を募集し、
多数のエントリーから旅館の日本一を決めるプレゼン大会です。
 
今回は記念すべき第1回目とのこと。
 
私は途中から入場したのですが、広い会場に並べられた椅子は既にいっぱいの超満員。

タイミングよく始まった鬼怒川温泉のプレゼンテーションを
後方の立見客に交じって観覧するかたちとなりました。
プレゼン冒頭はオープニングムービーの上映からスタート!
 
ドキュメンタリー番組さながらの非常に凝った構成で、
経営者から厨房スタッフ、清掃係、といった
各現場で活躍する方々にスポットを当てながら旅館の魅力を伝える内容です。
 
上映後は代表の金谷社長が舞台に現れ、
旅館の再生に向けた現在までの取り組みを力のこもった口調で語られていました。
 
時折、涙がこらえきれず言葉に詰まる場面も。。。
 
メーンバンクが破たんしたどん底の時期から這い上がるまでの苦労、
ついて来てくれた仲間たちへの熱い思いなど。。。
 
私も聞いていて思わずウルッときてしまいました。
 
現場での取り組みとしては、
目標をただ数値化すると情緒が無くなるので"ビジョン"を持つようされているそうなのですが、
ビジョンを共有する場として、年に一回経営方針発表会を開催されているとのこと。
 
その際には大宴会も行い、メッセージビデオを上映し皆で泣いて
社員全員で “感動を共有” するという具体的な取組みについてお話を伺うことが出来ました。

koushien.JPG

 
今まで、こうした会場での企業プレゼンをいくつか見てきましたが、
こんなにも “情熱” を感じるプレゼン大会を見たのは初めてで、
観客側も勇気を与えられるような素晴らしい内容でした。
 
旅館業は近年若い人手が減少し、人手不足に喘いでいる旅館も少なくないと聞きます。
そういった問題を少しでも打破できるよう、こうしたイベントを通して、
旅館業の魅力を広めていけるといいですよね。
 
吉川

美容室デザイン | 新築プロジェクト | アトリエフュース 移店OPEN!!

こんにちは、後藤2号です。

梅雨入りの季節。
大地は喜んでいると思いますが、
この時期、建築の現場サイドでは、木材がかなり膨張したりして暴れるので、
木と会話しながら造作していかなければならないのです。
 
最近の現場にて、匠な技を披露しくれる木造大工さんが、
「木と会話する」と仰っていたのに感銘を受け、お言葉を拝借しました。
 
本題ですが、エフ・モードが手掛けた
美容室アトリエフュースが移店リニューアルオープンしました!!
 
今回は更地からスタートした新築案件で、
建物、外装、レイアウト、内装、家具に至るまでお手伝いさせていただきました。
 
以前の自然派な内装とは打って変わって、
新たしいフュースはパリの街角の美容室をイメージし、
都会的な中にも、女性らしく優しさを感じる佇まいを目指しました。
敢えてスペースもこじんまりとし、
にぎやかな空間づくりをしています。
 
旧フュース
02.フュース コールドカウンター.jpg
新フュース
雑貨屋も併設し、雑貨、ヘアケア商品だけのご利用のお客様にも来店しやすいよう、
間仕切り方など工夫しました。
  
雑貨だけでなく、家具や照明などお店に置いてあるもののほとんどが
購入できるようになってます。
  
美容室のお客様のみならず、
より多くのお客様に足を運んでもらえると嬉しいですね。
 
後藤2号

美容室デザイン | 目白リノベーション | アットホームなサロン @like OPEN

こんにちは、後藤1号です。

先日、目白にて美容室新規オープンのお手伝いをさせていただきました。
その名も 『 @like~(アットライク) 』

今回のオーナー様は、以前設計・工事をさせていただいた方からの紹介です。

隠れ家的な美容室で、閑静な目白の住宅街の中にあります。

工事費はなるべく抑えたいという要望のもと、
給排水の配管やそれに伴う床上げが少なくなるプランを提案しました。

しかしながら、こじんまりとしたお店だからこそ少しでも広々と見える方が良いとのことで

シャンプーの位置と工事費用と10坪程度の部屋の見え方を検討して、
店内が一番広く見えるレイアウトに決定しました。

工事はゴールデンウィーク前からゴールデンウィークにかけての約2週間。

建物がマンションということでいくつか制約もあり、手間取りましたが、
なんとかゴールデンウィーク中にお引渡し!

【 BEFORE 】

before.jpg


【 AFTER 】

set.jpg

 

shampoo.jpg

消防の検査でお伺いした時には備品も並んでいて
より美容室らしい空間が出来上がってました。

看板とメニューボードはオーナーのハンドメイドなんですよ。

 

IMG_1209.jpg

IMG_1229.jpg

アットホームな美容室 『 @like~(アットライク) 』
是非覗いてみてください!

@likeのホットペッパービューティーのページへはコチラ

IMG_1228.jpg

人気blogランキングへ

後藤1号

 

空間デザイン|新規プロジェクト|パリ視察 – パス活用編 –

こんにちは、吉川です。

ブログでパリの名所をいくつかお届けしきましたが・・・
そんな、パリの美術館や近代建築をめいっぱい廻りたい!という方に
是非ご紹介したいのがこのミュージアムパスです。
pass.jpg
パリ市内から近郊の美術館・博物館・近代建築などなど、
なんと60施設以上を網羅しているパスなのです!
人気のある施設は券を買うのに列に並ばされるのですが
このパスがあったお陰で、真冬の寒い中長い列にならぶことなく、すんなり入場できました。
パスの種類は2日間、4日間、6日間と全三種類。
2日間であれば、大体6施設廻って元が取れたのではないでしょうか。
とはいっても二日で6施設は結構ボリュームがあるので、
使用される際には休館日と開館時間を事前に確認してから、
無駄のないルートを組まれることをお勧めします。
因みにパスの購入はサイトから申し込んでメール便で受け取りが出来るのですが、
 送料がもったいないので、現地で買うのがお勧めです。
パリ市内では、美術館や旅行代理店などで販売してるそうですが、
空港なら常に全種類揃っているときいて、着陸するなり空港インフォメーションで購入しました。
info.jpg
シャルルド・ゴールの到着口を出て、
左手に歩いて二つ目のインフォメーションで扱ってました。
旅の時間はあっという間に過ぎてしまい短いもの。
パスやナビを上手く活用して、無駄な時間を節約してパリを満喫してくださいね!

人気blogランキングへ

 

吉川

空間デザイン|新規プロジェクト|パリ視察 – 異国での再会編 –

こんにちは、吉川です。

約5日間という、あっという間のパリ視察でしたが、
今回フランスへの上陸はボスを除き、スタッフ全員初めてのことでした。

出発前は
「フランス人に英語は通じるのか?」
「電車の使い方がかなり複雑そう・・・?」
といった不安もあり
・・・前半だけでも誰かに案内してもらえないか?
ということで、パリに留学中の大学時代の先輩にアテンドをして頂きました。
▼再会の記念に、ノートルダムでツーショット
tomomisa.jpg
今回アテンド頂いたのは半年ほど前から来仏されている三澤直也さん。
大学卒業生の中から優秀者に特別に与えられる「パリ賞」を受賞したことから、
ご夫婦でパリのアトリエに入居されています。
最近では石巻のコンペで優秀賞を受賞されるなど
活躍の目覚ましい三澤さんのお仕事について、少しご紹介したいと思います。
主に家具や暮らしにまつわるデザインをされていて、
毎年展示会やコンペなどで新しいアイディアを発表されています。
(私は展示会の度にいつもお邪魔して、隠れファンでもあります。)
misawa.jpg
作品は一貫してシンプルなものが多いのですが、
決して機能性や座り心地を損わない、試行錯誤を経てよく練られているものばかりです。
私自身、三澤さんの研究室には試作品がいつもたくさん置かれていたのをよく覚えています。submarine.jpg

時にはよーくみると思わず笑みがこぼれるような、愛嬌を感じるものも。

是非ホームページから、作品をチェックしてみてくださいね。

三澤さんのブログからは最新のパリ情報も盛りだくさんです!話は戻りますが、今回三澤さんには現地の予約の手配をして頂いたり、
パリの複雑な裏路地もスイスイ~っと案内していただいたおかげで、
詰め込んだスケジュールを難なく、むしろゆったりと満喫することが出来ました。

再会と同時に、エフ・モードスタッフにも紹介できたので、
今後なにか一緒にアクションを起こせるきっかけになればいいな~と、期待しています!

人気blogランキングへ

吉川