• 未分類
  • 2010.02

STAFFBLOG-黄金のまどろみ。

こんにちは、2号です。

週末、伊坂幸太郎原作の「ゴールデンスランバー」を劇場に見に行きました。
個人的に久々の大ヒットです。

名称未設定 1のコピー.jpg

ゴールデンスランバー=黄金のまどろみ

上映中たびたび流れるビートルズの名曲がタイトルになっています。
黄金と形容したビートルズはため息ものだと思いました。

眠る寸前の、目が覚めた直後の
あの眠いとも眠ったとも区別がつかない
あのまどろんでいる、今までなんとも言えなかった感覚です。

なんてしっくりくる、と感銘を受けてしまったのは
私だけでしょうか。

もちろん、早速iPodのお気に入りに。

古きよきものはこうして受け継がれて行くんだな~

そんな感覚を後日、すぐに味わう機会がありました。

美容室&カフェの打ち合わせに国立へ。
その帰り、時刻は20時半。

先日よりボスと約束していた吉祥寺に寄り道。

目的は、もつ焼き屋「カッパ」に行くことです。

大学時代の4年間中央線沿線に住んでいたことから
吉祥寺にはなじみがありますが、このお店はたったの2度目でした。

縦横無尽のボスは昔からたびたび通っていたようで
「カッパ」を熱く語っていました。

メニューはシンプルで串のみ
内臓系、ししとう、ネギ、お新香

10畳ほどの店内にはコの字のカウンター席のみで
中央で大将が串を焼いています。
私が一番年齢の若い客でした。

と言えばなんとなく雰囲気を察していただけるでしょう。

ラスト1本のレバ刺しを運良く食べることができました。
言葉が貧弱ですが、びっくりするほど美味しかったです。

昔からボスが多くの人をここに連れていくように、
私も人を連れて行きたいと思いました。

そっけないお店なのですが、そう思いました。

こうして人から人へ、時代から時代へ受け継がれていくのですね。

「カッパ」長く生き残って下さいね!

ずいぶんと日常的なblogになってしまいました・・
ので来週は昭和建築「目黒雅叙園」の報告をします。。

 

 

 

人気blogランキングへ

F-MODE 後藤(由)

ARCHIVE