• F-MODEに関することスタッフの気づきパリ
  • 2013.02

空間デザイン|新規プロジェクト|パリ視察 -雪のルーブル編 –

こんにちは。後藤2号です。

 まだまだ続きますパリ視察記。
パリの建物や街のショップファサードなど、
好むテイストが満載で鼻息を荒くしたのはそうなのですが、
それ以上に私が心奪われたのは
ルーブル美術館とオペラ座でした。
ルーブルでは、
その圧倒的スケールにまず度肝を抜かれました!!
P1012069.jpg 

P1012056.jpg 

P1012070.jpg 

P1012073.jpg

(見てわかるとおりパリには大変珍しい積雪となっておりました、、)
著書、映画のダ・ヴィンチコードの舞台にもなっていますね。
歴史を紐解くと、
国家や王へと持ち主が変わっていく中で、
拡張が繰り返されて今尚新しくギャラリーが建設中だったりします。
加えてありとあらゆる芸術学問の
代表となる著名な作品が展示され
これがあの○○○か!、
とじっくりゆっくり眺められる贅沢な時間を持つことができいます。P1012097.jpg

P1012084.jpg
P1012137.jpg

P1012105.jpg
IMG_0741.jpg

IMG_0737.jpg 

P1012154.jpg

P1012127.jpgP1012088.jpg

 

写真の通り、
特に鑑賞したい作品はほとんど制覇したと思ったのですが、
ハンムラビ法典を見逃していました
一日いてやっと堪能できるのではないでしょうか。
ちなみに、
せっかくなので、と美術館で貸出のあるオーディオガイド(DS)を持ってイヤホンで音声ガイドを聞きながら歩く事にしたのは正解でした。3ds_louvre02.jpg

作品のストーリーが分かりとっても勉強になったので
知識がないのであれば、本当におすすめです。
しかもあの広い広い美術館の中を
目的の作品まで誘導してくれるという優れものでもありました。
時間のない方・初心者はマストです。
これはパリの美術館全体的に言えることなのですが、
フラッシュなしなら写真をバシバシとって良いことも意外でした。
また一日かけてじっくり行きたいですね。
それから私は絵画で言うと印象派を好むので、
次の滞在した際には今回行けなかったオルセー美術館に絶対行きたいです。
オペラ座についてはまた後日。


人気blogランキング

後藤2号

ARCHIVE