• 未分類
  • 2008.05

STAFFblog-お城

小さい頃 お城が大好きでした
お城といっても
日本の城です
メルヘンな女の子らしいお城ではありません

城の中を歩きながら
何百年も前の同じ場所で生きていた人達の気持ちを考えて
景色を見ることが楽しくてたまらなかったのです
“違う時間に同じ場所にいること”
にとても惹かれるのです
昇りづらい階段や、無駄に分けられた様に感じる広間や、つるつるに光った床や
そういったものが、当時の日常を教えてくれる様でわくわくしました

休みに九州に行き
久しぶりにお城にのぼりました
唐津城と佐賀城
どちらも何年か前に復元されたお城でRC構造(※1)でしたが
それでも、見える景色と昔の地図を見比べて
不思議に曲がる道に妙に納得してみたり、
天守閣から見える人達の動きをじっと追ってみたり・・・(あぶないですか・・)

また、お城めぐりがしたいなーと
思う今日この頃です

※1:RC構造(鉄筋コンクリート構造)について
鉄筋コンクリート(てっきんコンクリート、英: reinforced concrete)は、引張りに弱いコンクリートを補強するために鉄筋を配したコンクリートである。鉄筋は引張りが作用しても引き抜けないように、両端をアルファベットの J の形状に曲げたフックにしたり、節のある異形鉄筋が用いられる。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

人気blogランキングへ

F-MODE 山口
  

ARCHIVE