• スタッフの気づき
  • 2012.11

空間デザイン|仕事の合間の出来事|DESIGN TIDE @六本木

こんにちは、吉川です。

今回行って参りました【 DESIGN TIDE 2012 】
その模様をレポートいたします!

まずはメイン会場。
01main.JPG

今年の会場構成はインターデザインアーティストの織咲誠さん。
会場の天井まで伸びるこの幹はなんと、
緩衝剤のプチプチを熱に溶かし成形したもの。

近くで見ると半透明の繊維が絡み合ってい、頑丈に出来ています。

続いて今回の発表作品。

まずはこちらの供養具「Shinobu 偲」

02butugu.JPG

富士山グラスでおなじみ、鈴木啓太氏のデザインです。

従来の仏具は金の装飾や手の混んだ彫刻が施されており、重い印象がありましたが、
こちらの作品はそういった装飾を一切付けず、ミニマルな提案となっています。

生前の故人の人柄や、イメージからかけ離れた従来の仏壇に祈るのは
何か違和感がある…という思いから始まった、
近代のライフスタイルに沿ったデザインです。

お次はコチラ
「MONOLITH(モノリス)2012」

03toryo.JPG

ナトコという塗料メーカーの展示ブースです。

今回は、傷を付けても、跡形も無く傷あとが消えてなくなるという、
特殊な塗料で塗装したオブジェを展示していました。

塗装後の黒い板に金ブラシで傷を付けて実演して頂いたところ、
本当に、じんわりと傷がなくなって行くのを確かめることが出来ました。
柔らかい繊維が元に戻る力で、傷がなくなっていく仕組みなんだとか。

現在は携帯電話本体や壁紙、靴のコーティングなど、多数企業に採用されている様です。

最後はこちら 「atmosphere」

05atomos.JPG

画面に映る自分の影を使って、画面のボタンに触っていくと
メロディーやリズムが変化していくという、インターフェースの提案です。

私も挑戦してみたところ、少々ぎこちない動きでありながらも、
徐々に音楽が変化していくのを体現でき、ゲーム感覚で楽しめました。

F-MODEでは、インテリアに映像を融合しようという
構想が始まっており大変参考になりました。

今年の全体の印象としては、会場の見通しがよく、
出店者も自由に動き回っていたようです。

クリエイター同士が繋がり、また新しいものが生まれそうな・・・
そんな活気がある会場でした。

次回の開催がまた楽しみです!

人気blogランキングへ

吉川

ARCHIVE