• 2017.04

空間デザイン | 仕事の合間の出来事 |日帰り温泉施設

こんにちは

先日温泉施設に行ってまいりました。
日頃いつもお世話になっているので感謝の気持ちを
、、と言いつつ
実はハガキで応募していた入場チケットペアが当たったのですー!
というものあっていい機会だったのでわいわい行ってきました。

瀬戸内温泉 たまのゆ

こちらの場所は瀬戸内海に位置していて、
県外の方だと、直島というとピンとくるかもしれないですね。
草間彌生さんの『赤かぼちゃ』『黄かぼちゃ』のある直島です。
そちらにいくためのフェリーが傍の港を行き来しています。
他にも実は外国からの大型客船が年に数回きているので
運がよければ見ることもできるんです。
なので施設にも外国のお客様が来られていたりとです。
またそのお話しなどは別の機会に。いつもお仕事させて頂いているのは宿泊旅館様が多いのですが
今回訪れたのは日帰り温泉施設です。
なめるとしょっぱ苦いカルシウムナトリウム塩化物温泉でお風呂の種類も
中に、温度の違う内風呂2箇所+高温サウナ、
露天風呂は、
岩風呂・深さのある露天・寝湯・海眺望の屋根付き露天・
寝湯・山盛りの塩があって自分で体にすり込める低温の塩サウナ、

と多様にあったので、子供はやはり熱くてじっと入っていることはできないですが、
あちこち行ける場所もあったり
露天横に畳敷の休憩スペースもあるので
外きもちいーねー!と気持ちいい風の吹く中
存分に楽しんでいました。
入浴後やはり楽しみなのが食事ですよね。
瀬戸内の魚介を目と舌で味わって、
休憩処で触り心地のいいブランケットとビーズクッションとでゴロゴロ。
お風呂に行くまでに見たドリンクパーラーのショーケースに
甘そうなイチゴやミックスジュースが並んでたな~行ってみよ~など、
完全に施設の思惑にやられているー(^^;)、
うまくできてるなーーーなんて思ったりしてそれはそれで楽しめましたw

純粋にお客目線でいることで、
触感体験感覚というものが改めて大事だなと思いました。
入口で暖簾をくぐってお庭を見ながら入口に向かうワクワク、
ちょっと長いアプローチでみた装飾、
長い畳敷の廊下は裸足であるいてなんだか心地よかったり、と見て触って感じての体感がの大切さを再確認できたかなと思いました。実はエフモードの事務所には触って体感してが詰まっていたりするのですがご存知でしょうか?
裸足で歩いて気持ちいい床だったり、見ても綺麗で触ってもいただけるタイル壁、
旅館様など飾って頂くのにも素敵な照明や装飾品など、
想像してもらいやすいようなものが沢山あります。

ぜひエフモード触感体験事務所
(勝手に名付けてしまいました、、)へ
ご来社頂いて確かめて頂けたらなと思います!タジリ

ARCHIVE